今日のロボ協

北海道介護ロボット推進協議会のブログです。

最年少のお客様

先日、ショールーム*ロボクラスに最年少12歳のお客様が来店されました。

知己のケアマネジャーさんの息子さんです。

私のスライドプレゼンテーションの時には、ちょっと眠そうな感じだったので「大丈夫かな?」と不安になりましたが、マッスルスーツ体験、コミュニケーションロボット説明等進んでいくうちに表情も明るくなってきました。

体格の良い息子さんでしたので、Sサイズのマッスルスーツを装着してもらい、利用者に扮したお母さんを抱き起す介護体験をしました。

 

すべてのミニセミナーを終えた息子さんに私は尋ねました。

「どうでしたか?」と私。

「うん。普通に面白かった」と息子さん。

面白かったは、誉め言葉です。少し自信になりました。

(萩生田)