読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のロボ協

北海道介護ロボット推進協議会のブログです。

PAROと生活

私はショールームにロボットを置く場合には、まず一緒に生活することにしています。 このPAROとは1週間生活をしました。 するとどうでしょう。 存在感がグッと増してくるのです。 思わず振り向いてしまうほどの存在感です。 明日は、このPAROを老人保健施設…

ロボ協のコミュニケーションロボットたち

youtu.be ロボ協にはコミュニケーションロボットがいます。 今月からPALROが仲間入りする予定ですので、また充実していきます。 このコミュニケーションロボットをどうように介護の現場に導入していくのか? このロボットたち。 使い方を間違えてしまうとす…

朝日新聞に掲載されました。

3月27日付の朝日新聞の北海道内版にショールーム*ロボクラスが掲載されました。 露出をすること自体、あまり好きではありません。 しかし、ショールームを構えている以上、全く活動が世に知られていないのはダメです。 なので、少しこちらからもPRしてみま…

年度末

ロボ協が設立されてから、はじめての年度末を迎えました。 昨年末の12月1日に登記され、今年1月11日にショールームがオープンしました。 北海道で初、日本でもあまりない介護ロボットのショールームです。 先に道がないので、まったくの手探りで進めてきまし…

最年少のお客様

先日、ショールーム*ロボクラスに最年少12歳のお客様が来店されました。 知己のケアマネジャーさんの息子さんです。 私のスライドプレゼンテーションの時には、ちょっと眠そうな感じだったので「大丈夫かな?」と不安になりましたが、マッスルスーツ体験、…

鳩時計

代表の萩生田です。ショールームの時計は、鳩時計を採用しています。無印良品のものです。やっぱりロボットにふさわしいのは、このような時計ではないでしょうか。可愛らしく時刻を教えてくれますが、セミナーの大事なところで「ピポッ!ピポッ!ピポッ!」…

介護ロボットフォーラム2016

3月1日に東京都内で開催された「介護ロボットフォーラム2016」に参加しました。私は介護ロボット導入好事例の優秀賞の中から最優秀賞を選ぶための一般審査員になりました。結果、最優秀賞は、ロボットスーツ「HAL」(介護支援用腰タイプ)を導入し、移乗動作…

ロボットと人とをつなぐ役割について

今、毎日のように介護ロボットについての議論をしています。介護に直接関係のない職種の方々との出会いも多く、気づきの毎日です。そんな時、私が熱く語ってしまうのは現在のロボット政策に「ロボットと人をつなぐ役割を担う人がいない」ことです。開発メー…

週刊鉄腕アトムを作ろう。

講談社から「週刊鉄腕アトムを作ろう」が創刊されます。 妻からこの画像を見せてもらった時、ピンときました。ひざを曲げた独特のしゃがみポジション。背中にあるU字プロテクター。これはパルロですか?調べてみると、ロボティクス及びロボットに搭載するOS…

ロボットも一つの道具である。

代表の萩生田です。ロボットも一つの道具である。これは私がいつも考えていることです。みんな「ロボット」というと万能でなんでもやってくれると思いがちです。そんなロボットはまだありません。まだまだ未来の話。木ネジを使って木箱を組み立てるとします…

介護新聞に掲載されました。

2017年1月19日第876号の介護新聞(株式会社北海道医療新聞社発行)に当協会のショールーム記事が掲載されました。北海道内初の体験型・学習型ショールーム「ロボクラス」です。反響は今のところ介護業界以外の業種様からが多いように思います。いずれにしま…

ショールーム*ロボクラス

いよいよ明日、ショールーム*ロボクラスオープンいたします。まだ、告知もしていませんのでこれから一緒に学んでいただける方を募りたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。(萩生田)